トップページ

    このサイトではタントの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「タントの買取相場をチェックして高い金額で買取をしてくれる専門店に売りたい。」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取専門店で検索してみてください。

    ダイハツのタントを高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者に査定をお願いする」ことです。1つの業者だけとか近くのダイハツディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら明らかに損をするので注意してください。

    中古車一括査定サイトなら2分位で入力できるのでカンタンです。複数の車買取会社からの査定額を比較できるので、タント(TanTo)の買取金額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーと想像してしまうくらい知られているので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大で50社にタントの買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く売りたいからタントの買取相場をチェックしたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐに今あなたが乗っているタントの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという車買取業界では新しいサイト。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、数年落ちのタントでも高く売れる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から電話が入るのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    タントの実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社もの車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車の相場が分かるので、「数年落ちのタントの買取相場ってネットで分かるの?」ということであれば利用をおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした厳選された業者だけが登録しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちのタントでも高く売ることができます。

    最大で10もの会社がダイハツ・タントの見積もり査定をしてくれるため、納得できる価格を提示してくれた会社にあなたが大事に乗ってきたタントを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携企業は約200社以上、複数の業者がダイハツのタントの査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較してみることができるので、複数業者に査定のお願いをして長年乗ってきたタントをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、サポート体制も充実していますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    タントの査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、成約するとさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので楽天ユーザーにはおすすめできるサービスです。

    長年愛用したタントを高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは何かラッキーな感じがしますね。
    提携している業者は100社なので他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、最大10社がダイハツ・タントの高額査定をしてくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の価格差の事例がいくつか提示されていますので、一度確認してみてはいかがでしょうか。






    車買取コラム

    中古車の査定額の概要を知りたくなったら、インターネット上の無料一括査定サイトを活用してチェックする方法も存在しますが、売りたい自動車のメーカーのウェブサイト上で査定金額の参考値を調べることができます。

    自動車メーカーのHPなら個人情報を全く記載しなくても車種や年式だけで確認可能なところもあるので、車の一括査定サイトを利用したときのように一斉に電話攻勢が始まる危険性はないでしょう。

    たいていの場合、買取専門店などに車を売った際に査定書は出してもらえず、望んでもくれない場合が大半です。

    資産証明(自己破産申告や遺産相続などで必要)をする場合などで車の査定書がどうしても必要になった時には、通称JAAI、正式名称は日本自動車査定協会へ中古車の査定を申し込まなければなりません。

    日本自動車査定協会の事業所は国内に50ヶ所以上あって、査定してもらうには料金が必要です。

    それと、査定してもらうためには前もって予約しなければなりません。

    買取希望の中古車の見積額が低下してしまう要因には幾つかあるのですが、最も大きな査定低下の要因は、売却予定の車が事故車や故障車で修理したことがあるケースです。

    ものによっては査定金額が付かないところまで下がることもあることを知っておいてください。

    でも、故障および事故で修理したことがあると絶対的に修理歴車と呼称されるわけではなくて、いわゆる車の骨格にあたる部分にまで傷が広がっていて、その損傷を修理したものが「修理歴車」です。

    中古車売却一括査定サイトは、たった一度の入力で複数の会社から見積もりをとることができるので、一度使えばその便利さを実感しますが、その性格上、やっかいなこととして申し込み直後から営業電話がどんどんかかってくることがあります。

    勤務先の電話番号や業務の連絡にも使っている携帯電話などで登録したりすると、何日かは不便を強いられるのが予想されるので、よく考えて登録しましょう。

    時間や都合を無視してまで電話をかけてくる業者は、ウソも方便で、もう売ってしまったと断ると諦めてもらえます。

    品物がないのですから当然です。

    年間走行距離数は約10000キロと見積もるのが一般的です。

    そしてその5倍の5万キロという総走行距離の車は業界では多走行車と呼ばれ、業者が査定をする際もそこは減点対象にしますし、これが10万キロともなれば過走行車扱いでゼロ円査定などという可能性もあります。

    ただ、走行距離が少ないほど良いとは言えません。

    車の年式に比べ走行距離数が短すぎるときは、機構の状態がむしろ悪くなり、思わぬところが故障していることも充分考えられるからです。

    訪問査定が済むと、どの業者も「今、契約を」と言うものです。

    売主が魅力を感じる条件、つまり金額アップをちらつかせて即時契約を求める営業アピールがあるのが一般的で、熱心さに負ける人もいますが、うまくはめられて即決することがないよう注意してください。

    車を売却する際はより多くの買取業者から見積りを集めるのが高値売却の秘訣だからです。

    当初の予定通り複数の買取業者に見積もり金額を出してもらうことが大事で、金額の比較ができるようになってから最良だと思う業者に連絡すれば良いだけです。

    一般的に決算時期やボーナス時期には業者も買取に力を入れてくるので、愛車を高く売りやすい時期というのはあります。

    中古車市場で車を買いたい人が多くなる時期には需要と同時に買取の相場も上がるのです。

    でも、車を売ろうと決心したときが高値で取り引きできるであろう時期とかなり離れていた場合に、これらのタイミングまで待った方が良いわけではないのです。

    売る時期が遅くなればなるほどに車の年式は上がっていきます。

    相場上昇によって恩恵を被るよりも、車の価値そのものが下落することの方が大きくなる可能性も秘めているからです。

    家族名義の車や別居の親族の車なども要件さえ整えば売却できます。

    本来提出すべき書類に加えて、名義人からの委任状(認印不可、実印のみ)と印鑑証明、誰がいつ譲受人に譲渡したのかを記載した譲渡証明書の提出を求められます。

    案外多い例ですが、相続のように故人名義となっているときは、これらの書類を書いてもらうことは出来ません。

    このときは、名義の変更(移転登録)を行った上で売りに出します。

    ケースバイケースではありますが必要書類の数も増えるのが普通で、かなり手間がかかると考えて間違いありません。

    自分ではきちんと注意していたとしても、予期しないトラブルに巻き込まれてしまうことがあるでしょう。

    車売却の際にたまにあるケースとして、売却成立後に何か問題点が見つかったので買取金額から差し引く時があるので要注意です。

    契約後に問題が見つかったと言われたとき、売り手側が事故などを隠していたのならばきちんと申告しなかった自分側が責任を取る必要があるでしょう。

    自分に落ち度が何もない場合には、契約以前に査定で見落としした側が責任を取ることでしょうから、売却側には何も責任がないと言うことは了承しなくても構わないということになります。